LOG IN

杏の器材pocketbookその1

by 杏『HEDGEHOG』『銃爪-HIKIGANE-』

こないだのソウルキッチンでのライブでのエピソード。
親友であり、ライバルであり、今やお世話になっている春吉ソウルキッチンのカウンターで働く店員さんであるジャクソンに杏のブログにひとつ提案、アイデアをもらったので試してみたいと思います。
ボクはバンド『HEDGEHOG』ではカミテでギターを演奏するギターリストとして働いてるのですが
一方では
ソウルキッチンではアンプを持ち込んでのエレキギター弾き語りのスタイル、
もう一方では地元久留米より『銃爪-HIKIGANE-』というボーカルギターのスタイルで演奏しております。
もちろんボクが演奏するギターですので基本的に杏の音やキャラクターが出ているのですが
それぞれやる事が違いますものでエフェクターペダルの配置、有無、使用するアンプも異なってきます。
そんな杏ですが1音楽ファンでボクの長らくのライバルであるジャクソンとしてはボクの器材の種明かし、器材紹介をしてほしいとリクエストがありました。
ボクはギターリストである前に永遠にギター小僧ですのでこの手の話はヨダレ垂らすほど好物です。打ち上げなんかでもそんな話だけしてたい!時事ネタなんてどーでもいーので小出しにしていきましょうかね。

まず手初めに紹介するのはいたってベーシックなポイントから!
杏はロックギターを基調としたギタースタイルが特徴ですのでギターを始めたティーンエイジャーの頃からメインとなるドライブには追求し続けてきましたし拘り続けてまいりました。
『Maxon ROD-880』が1番長く使ったかなー。
真空管の音がお気に入りだったのとノイズを軽減するのに優れていて尚且つマイルドなドライブトーンが得られていましたのでこれをずっと使っていたのですが真空管のアンプを使うようになり、
パワーディストリビューターを使うようになるとノイズは大分軽減されたので冒険して別のドライバーを試す様になったんです。
楽器屋さんで試演奏するのは趣味なのでここ5年くらいはしょっちゅーしょっちゅーバカみたいにエフェクターを試してたんですね。
で、行き着いたところがなんとオーソドックな…!!!
写真のヤツです。
BOSS SD-1ですね。
ドライバーは3つツマミが1番理想♪
で、こいつは買った当初からこんなにボロボロだったんですね。
何を隠そう80年代の物なんです。
そう、30年くらい前の物なのでパワーディストリビューターか電池がないと使えないんです。
アダプターの規格が現行の物と違うんですよ。
でも楽器屋さんで試奏したら驚くほどのマイルドなトーンから図太いドライブサウンドまで右手のニュアンスで思うがままなのです!
今や杏のメインドライバー!なくてはならぬ存在となりました。
事の発端は、杏が愛して止まない『赤い公園』の津野米咲さんが使用しているエフェクトボードに乗ってたんですね。
津野さんはSD-1をツマミフルテンにしてブッ飛びボタンとして使ってらっしゃるのですがボクがそれを試しに楽器屋スタジオに入るとブッ飛びボタンとしてよりメインとしての方がしっくりきたんです。
ボクのブッ飛びスイッチに関しましてはまた後日紹介します!
とっておきのファクターがありますので。
で、それまで使っていたメインドライバーを引退させてめでたくSD-1がデビューしたのが今年の4月か5月か…そのくらい。
エフェクトペダルに関しましてはたくさん踏み壊してきた杏としましては丈夫なのも大事なポイントですよね♪
ピックで強く鳴らせばこれでもかってくらい暴れるし弱く弾いたらちゃんと粒の残るハッキリしたトーンになり、
指で強く弾けば単音でもどこまでも抜けるし、弱く弾いたらアルペジオにもなる。
なかやかのじゃじゃ馬なので弾きこなすのは難しいかも知れませんが杏にはなくてはならない存在です!

…次回は…
どれいこっかなー…
乞うご期待!
飽きなければ続けます(^-^;



杏『HEDGEHOG』『銃爪-HIKIGANE-』
OTHER SNAPS